woman lying in bed smiling

革命

big boobs girl wearing bikini

現代のエロはテクノロジーにより、かなりの進化を遂げている。
中でも、最も現代技術を駆使した、アダルト関連商品といえば、「エロ動画」だ。
19世紀末に、リュミエール兄弟が「映画」を発明する以前、人間は「動画」という存在そのものを、知らなかったのである。
映画の発明以降、「アダルト動画」の開発は急速に進んだ。
20世紀初頭には、もう既にアダルト動画は制作されていた。
もちろん、現代のものと比べると、画質などは悪い。
しかし当時は、映画の列車に「轢かれる」と思い恐れおののいたなどという逸話が残る時代である。
(参考『映画渡米: 日本は映画をどう受容したか (< 特集> 共同研究報告: 近代日本における文化・文明のイメージ)』北海学園竹岡和田男)
動画による「エロ」は革新的なものであった。

日本には、映画の発明以降すぐに映写機が輸入された。
その後、大衆娯楽として定着するまでは、とても早かった。
1903年には初の常設映画館が出来、その後日本中で続々と映画館が開館した。
しかし、それにもかかわらず日本の「アダルト動画」の発展は遅く、1960年代にその歴史は始まる。
それ以前もエロ動画は、撮影されているが、個人撮影したものが大半で、商業的な価値はあまりなかった。
1960年に「ピンク映画」と称して、「東映」が商業的に「エロ映画」を売り出すようになった。
これが日本におけるエロ映画の原初である。
当時のスターはポルノスターは石原裕次郎や小林旭、梅宮辰夫などであった。

現代、日本のAV(アダルトビデオ)産業は、大きな経済基盤を持っている。
年間約4000-5000億円の経済効果があるとされている。
現代では、特に女優のアイドル化が進み、ブログなども人気を博している女優が多い。
最近では、AV女優という呼称よりもセクシー女優と呼称されることも多くなっている。
日本では、AVにはモザイク処理が施される。
これは、刑法175条に起因するものである。
刑法175条は通称わいせつ物陳列罪と呼ばれ、違反者には2年以下の懲役、または250万以下の罰金に問われるというものである。

古代

big boobs girl in a red dress

古代から人間は「エロティシズム」について深い関心を持っていた。
古代エジプトの神「ミン」は勃起した巨大なペニスを持った状態で描かれている。
古代ローマの神、エロスは、「性愛」の神である。
その名は、「エロティシズム」の語源ともなっている。
古代中国では「房中術」と称して、セックスの研究がなされていた。
人類のあけぼのの地では、それぞれ形は違えど「エロティシズム」に対する、何らかのアプローチが取られていた。
(参考ヘシオドス『神統記』アプレイウス『愛と恋の物語』)

日本もその例外ではない。
例えば、「土偶」は、五穀豊穣を願って作られたとされるが、その姿はほぼ全て、女性の体をデザインしたものである。
江戸時代には「春画」と呼ばれる、現代でいうところの「アダルト画像」が大流行したのである。
江戸時代当時のアダルト関連商品は、かなり発達している。
たとえば、現代の「バイブ」に当たる「張子」は、象牙などで作られた高級品も存在する。
魚の浮袋を使った「コンドーム」も発明されていた。
当時「江戸」は世界最大の都市であり、安定して平和であった。
そのため、アダルト産業が発達するには十分な環境が、整っていたということが出来るのである。

現在でも風俗は、アダルト産業の代表格であるが、性産業は人類最古の産業と言われている。
例えば、現代に残る人類最初の屋外広告は、トルコ「エフェソス遺跡」にある娼館の広告だと言われている。
娼館とは、今で言う「売春宿」のことである。
日本の歴史上でも、性風俗は独自の発展を遂げた。
江戸時代の遊女(風俗嬢)は、ランク分けがかなり正確に行われた。
店に属さず「橋」の下などで、性的サービスを行う「夜鷹」はかなり安くそのサービスを受けることが出来た。
一方「花魁」「太夫」などと呼ばれるクラスの遊女は、三度顔合わせをして、初めてその身体に手を触れることが出来るものであった。
太夫や花魁クラスの遊女と一夜を過ごすためには、現代の価値で総額約1000万円必要であったとする説もある。

革命

girl lying in bed

現代のエロはテクノロジーにより、かなりの進化を遂げている。
中でも、最も現代技術を駆使した、アダルト関連商品といえば、「エロ動画」だ。
19世紀末に、リュミエール兄弟が「映画」を発明する以前、人間は「動画」という存在そのものを、知らなかったのである。
映画の発明以降、「アダルト動画」の開発は急速に進んだ。
20世紀初頭には、もう既にアダルト動画は制作されていた。
もちろん、現代のものと比べると、画質などは悪い。
しかし当時は、映画の列車に「轢かれる」と思い恐れおののいたなどという逸話が残る時代である。
(参考『映画渡米: 日本は映画をどう受容したか (< 特集> 共同研究報告: 近代日本における文化・文明のイメージ)』北海学園竹岡和田男)
動画による「エロ」は革新的なものであった。

日本には、映画の発明以降すぐに映写機が輸入された。
その後、大衆娯楽として定着するまでは、とても早かった。
1903年には初の常設映画館が出来、その後日本中で続々と映画館が開館した。
しかし、それにもかかわらず日本の「アダルト動画」の発展は遅く、1960年代にその歴史は始まる。
それ以前もエロ動画は、撮影されているが、個人撮影したものが大半で、商業的な価値はあまりなかった。
1960年に「ピンク映画」と称して、「東映」が商業的に「エロ映画」を売り出すようになった。
これが日本におけるエロ映画の原初である。
当時のスターはポルノスターは石原裕次郎や小林旭、梅宮辰夫などであった。

現代、日本のAV(アダルトビデオ)産業は、大きな経済基盤を持っている。
年間約4000-5000億円の経済効果があるとされている。
現代では、特に女優のアイドル化が進み、ブログなども人気を博している女優が多い。
最近では、AV女優という呼称よりもセクシー女優と呼称されることも多くなっている。
日本では、AVにはモザイク処理が施される。
これは、刑法175条に起因するものである。
刑法175条は通称わいせつ物陳列罪と呼ばれ、違反者には2年以下の懲役、または250万以下の罰金に問われるというものである。

西洋エロティシズム

hot girl

古代から西洋美術にエロ画像は存在し、現在も研究が今も続けられている。
例えば、西洋美術史上最も有名なエロ画像の一つにフランシス・ゴヤの「裸のマハ」がある。
裸のマハは西洋美術として初の女性の「陰毛」を描いた作品である。
古代ギリシャ時代から続く、西洋美術であるが、1797年から1800年に掛けて制作された、この作品まで「陰毛」が描かれることはなかった。
現代でも、モチーフの女性についての論争などで物議をかもしている。
立派な絵画ではあるものの、明らかにエロを意識して描かれた作品である。

裸のマハ以前に陰毛が描かれることはなかった西洋美術だが、日本ではそれ以前に描かれていた。
特に江戸時代の「春画」においてその傾向は特に見られる。
デフォルメされ巨大化された男性器が春画の大きな特徴とされている。
しかし、同様に女性器も過剰にデフォルメされており、巨大化されているという特徴も併せ持っているのだ。
かつ、その女性器にはびっしりと陰毛が描かれている。
西洋絵画では、陰毛は不浄なものとされ、修正されてきた歴史がある。
対して日本は、陰毛を描くいわゆる無修正のエロ画像を西洋より早く作成していたといえるのである。

現代では、エロ画像、アダルト画像といえば写真が主流となっている。
江戸時代に隆盛を極めた春画も、写真の導入に伴い、徐々にその姿を消していった。
エロ画像といえば1990年代までは、「エロ本」が主流であった。
しかし、現在インターネットの普及に伴いその売上は減少の一途をたどっている。
(参考ビジネスジャーナルコンビニの成人向け雑誌販売数は一日一冊?)
現在アダルト業界は、完全に「動画」思考へシフトを見せている。
とはいえ、現代では新たな画像エロコンテンツとして「エロ同人誌」が定着しつつある。
エロ同人誌のみで現在は700億円程度の市場規模を持っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加